top of page

​開催中

​個展/ Solo Exhibition

Self: multipul presents 

​<展覧会概要>

会期:2024年1月5日(金)- 2024年3月17日(日)

会場 : ふじ・紙のアートミュージアム

〒416-0953  静岡県富士市町 1750  

富士市文化会館 ロゼシアター1階東奥

開廊時間:11:00-18:00 

観覧料 : 無料

休日 : 1月15日(月)、2月19日(月)-22日(木)、3月11日(月)、12日(火)※ロゼシアター休館日

<Exhibition detail>

Date: 2024.1.5(Fri) - 2024.3.17(Sun)

Hours: 11:00-18:00

Venue:  Fuji Paper Art Museum

Admission : Free

Holidays : January 15 (Mon), February 19 (Mon)-22 (Thu), March 11 (Mon), 12 (Tue)

https://fuji-paperart.jp/

ふじ紙のアートミュージアム

​個展/ Solo Exhibition

泡沫を掴む 

Grab the bubbles

2023.12.4 mon. - 2.4 sun.

小松庵総本家銀座/ 東京

Komatsuan sohonke Ginza/ Tokyo

半澤友美は「紙を作ること」に着目することで作品を展開し、自己や人間を取り巻く環境や構造、その背景について考察しています。「紙」は文字や絵を描くためのプレーンな支持体ではありますが、見方を変えると、ある時にある場所で育った植物と水を使って、作り手それぞれの手で作りあげられた物、つまり環境や状況、個人を内包する造形物だと考えられます。原料を水に溶いて掬いあげるといったプロセス、構造、成り立ちなどから、半澤は「紙」自体を経過した時間の中にある出来事や経験の断片として見ています。 今回発表する新作《泡沫を掴む Grab the bubbles》は、極薄の和紙をパネルの上に現出させた作品です。現れるような、消えていくような和紙の様子を、半澤は『方丈記』に書かれた水に浮かぶ泡沫のような流れていく時間の一端、あるいはわたしたちの「自己」の有りようとして捉え、その儚さと向き合います。

Tomomi Hanzawa develops her works by focusing on "paper making" and examines the environment, structure, and background surrounding the self and human beings. Paper" is a plain support for writing and drawing, but from a different perspective, it is an object created by the hands of each creator using plants and water grown in a certain place at a certain time, in other words, it is a form that contains the environment, situation, and individual. Hanzawa sees "paper" itself as a fragment of an event or experience that has taken place over time. In his new work "Grab the Bubbles," Hanzawa presents a piece of ultra-thin washi paper on a panel. Hanzawa sees the appearance and disappearance of the washi as a part of flowing time, like the bubbles on the water in the book "Hojoki," or the state of our "self," and confronts its ephemeral nature.

小松庵総本家
Drawing
Position

皮膚で「見る」

The Eyes of Skin

 

2023.9.15 fri. - 10.7 sat.

MARUEIDO JAPAN, Tokyo

 

この度、MARUEIDO JAPANでは北林加奈子、半澤友美、山西杏奈『皮膚で「見る」 The Eyes of the Skin』を開催いたします。 本展覧会はフィンランドの建築家で現象学者のユハニ・パラスマー(Juhani Pallasmaa)の『建築と触覚 空間と五感をめぐる哲学』の文中にある「皮膚で〈見て〉いる」という表現から着想を得ています。 北林 加奈子は〈 陶 〉に糸や木、ガラス、ウールなどの異なる素材を掛け合わせる彫刻、インスタレーションを中心に作品を発表しています。肌触りや気配を主題とした作品は、見る者の触覚を刺激し日常の記憶の中にある“何か”を想起させます。 素材と素材との関係、鑑賞者と作品との関係、皮膚の下で呼び起こされる曖昧な記憶こそがリアリティーであることを認識させられます。 半澤友美は、〈 紙 〉の成り立ちに着目し独自の造形作品を創り出しています。植物繊維の絡まりからなる紙は、その原料を幾重にも重ねると強固な物体にもなりえます。半澤は紙漉( かみすき )の技法を応用し制作した平面、立体作品、インスタレーションなどを展開してきました。ひとつひとつの繊維が手作業で成形されていく紙と自らの経験とを重ね合わせ、思考を巡らせる中で、作品に時間や記憶などを内在化させていきます。 山西杏奈は、京都を拠点に活動し、〈 木 〉を彫り、布や紐などの日常にある柔らかい「もの」が持つ生の表情、無垢な表情、透明感などに魅力を感じ制作しています。誰もが触れたことのある枕や紐なのどの「もの」の肌、皺など、見過ごしてしまいそうな感覚、瞬間的な時間などを浄化し、滑らかな表情に木の肌を変えていきます。その美しい肌理は自然のエネルギーを内包させて、体の表面で接触している感覚を想起させます。 参考文献 : ユハニ・パラスマー(Juhani Pallasmaa)著『建築と触覚 空間と五感をめぐる哲学』 (2022草思社/百合田香織訳 原題「THE EYES OF THE SKIN Architecture and the Senses」

MARUEIDO JAPAN is pleased to announce the holding of an exhibition called Eyes of the Skin by artists Kanako Kitabayashi, Tomomi Hanzawa and Anna Yamanishi. This exhibition is inspired by the expression "eyes of the skin" from the book The Eyes of the Skin: Architecture and the Senses by Finnish architect and phenomenologist Juhani Pallasmaa. Kanako Kitabayashi mainly presents art, such as sculptures and installations, in which different materials such as yarn, wood, glass and wool, etc., are crossed with . Her art has the theme of tactile properties and sensations that stimulate the tactile sense of the viewer and evoke "something" in everyday memory. Her work makes us realize that reality is the relationship between materials, the relationship between viewers and artworks, and ambiguous memories that are evoked under the skin. Tomomi Hanzawa creates unique sculptural art which is focused on the origins of . She uses the raw materials for paper, which is made from the pulp of plant fibers, and takes that pulp to build up layers to create a solid object. Hanzawa exhibits 2D and 3D works and installations created by applying paper making techniques. The paper, each fiber of which is formed by hand, is overlayered with her own experiences, and within her ponderings, she internalizes time and memories into her work. Anna Yamanishi is based in Kyoto and she mainly uses the material of . She feels the attraction of soft, raw expression, innocent appearance, and transparency, etc., of everyday "things" such as cloth and strings, and creates art. Her motif is the surface of "things" that are familiar to everyone, and she carves smooth expressions into wood as if she is lifting up sensations that may be overlooked, and momentary time, etc. The beautiful grain of the wood encompasses natural energy and evokes the sensation of touching the surface of the body. References Pallasmaa, Juhani. The Eyes of the Skin: Architecture and the Senses (2022 Soshisha/translated by Kaori Aida)

marueidojapan
皮膚で見る

中之条ビエンナーレ 2023

コスモグラフィア -見えない土地を辿る-

NAKANOJO BIENNALE 2023

Cosmographia-Tracing the Invisible Land-

2023.9.9 sat. - 10.9 mon.

群馬県中之条町 町内各所
 

At Gunma Prefecture, Nakanojo town.


群馬県中之条町で開催される、国際現代芸術祭 中之条ビエンナーレ2023に参加します。養蚕が盛んに行われていた中之条町で、その名残として残っている桑の木を採集し、作品にしました。 ​中之条ビエンナーレは、群馬県中之条町で隔年開催される国際現代芸術祭です。
雄大な山々に囲まれた風景やラムサール条約湿原、長い歴史を持つ温泉郷、養蚕天蚕文化、伝統が受け継がれる民俗行事や祭事など、中之条町には他では見られない美しい里山文化に触れることが出来ます。アーティストは特色ある山村地域に開かれたアーティスト・イン・レジデンスで滞在制作を行い、その成果を中之条ビエンナーレで発表します。
この度、第9回をむかえる中之条ビエンナーレ2023では、国内外から創造的、革新的なアイデアやプロジェクトをもつ多分野のアーティストが作品を展示します。

The Nakanojo Biennale is an international contemporary art festival held every two years in Nakanojo Town, Gunma Prefecture. Surrounded by magnificent mountain scenery, Ramsar wetlands, hot spring villages with deep histories, sericulture, festivals, and traditional folk events, Nakanojo Town offers visitors the unique opportunity to experience beautiful satoyama culture that cannot be found anywhere else. Artists stay and work in this unique mountain village community and present their creations during the Nakanojo Biennale. Artists live and create on this land and make their own platforms, many new human connections will be born. A big art event with creations by artists and local residents, “The 9th Nakanojo Biennale” will begin soon.

中之条ビエンナーレ
中之条ビエンナーレ

 

半澤友美が楮(こうぞ)を用いて制作した全長約40メートルにおよぶ樹皮紙には、作家の祖母によるメモ書きが入れ込まれています。横山大観が"水"の一生を描いた大作《生々流転》の現代版ともいえる本作は、《生々流々》と名付けられました。

 

Tomomi Hanzawa created this 40-meter-long piece of handmade tree bark paper using kozo (paper mulberry), and included a note written by the artist's grandmother.The work is a modern version of Yokoyama Taikan's 

" Metempsychosis ", a large-scale work depicting the life of "water".

シン・ジャパニーズ・ペインティング
シン・ジャパニーズ・ペインティング

PAPER : かみと現代美術

A Quest into the World "with" PAPER

2022.10.1 sat. - 12.18 sun.

熊本市現代美術館/ 熊本

Contemporary Art Museum, Kumamoto

今から2000年以上も前に発明されて以来、私たちの生活のあらゆる場面に浸透した必要不可欠な素材、「紙」。情報の記録や意思伝達をはじめ、ものを包む、液体を拭う、光をとおす・・・など、その機能と役割は枚挙にいとまがありません。「紙」の幅広い活躍は、しなやかで応用しやすい性質や特長によるものですが、そこには人間が与えた何らかの操作や社会の中での機能が伴っています。「紙」になるまでも「紙」となってからも、人とのかかわりなしには存在しない素材なのです。 本展ではそのような「紙」「紙製品」に注目し、独自の表現へと昇華させた現代アーティストをご紹介します。彼らの作品は「紙の上に」ではなく、「紙とともに」アイデアを視覚化したものと言えます。誰にとっても馴染みのある「紙」をとおして、本展のアーティストたちが投げかける問いは、私たちを取り巻く世界や価値観を様々な角度から照らし出してくれることでしょう。

Since its invention more than 2,000 years ago, paper has been an indispensable material that has permeated every aspect of our lives. Its functions and roles are innumerable, from recording information and communicating with others to wrapping things, wiping liquids, and transmitting light. The wide range of uses for paper is due to its flexible and easy-to-apply properties and characteristics, but it is also accompanied by some kind of manipulation or function in society that humans have given it. Paper is a material that would not exist without human involvement, both before and after it becomes paper. This exhibition focuses on such "paper" and "paper products" and introduces contemporary artists who have sublimated them into their own unique expressions. Their works can be said to visualize ideas not "on paper" but "with paper. The questions posed by the artists in this exhibition through "paper," which is familiar to everyone, will illuminate the world around us and our sense of values from various angles.

かみと現代美術

​個展/ Solo Exhibition

Narrative Act

2022.8.19 fri.-9.17 sat.

DiEGO 表参道/ 東京

DiEGO Omotesando/ Tokyo

 

人は日々自分の物語を作っています。1日1日、1秒1秒が複雑に絡み合い、ひとつのチャプターが終わって、また新たなチャプターが始まり、物語は出来ていきます。 近年、半澤友美は「紙の構造と自己の成り立ちを重ね見る」というコンセプトで、紙の原料である植物繊維を使用し作品を制作しています。 植物の繊維は、些細な事、予期せぬ事態、抗えない思い… それらは複雑に重なり、あるいは配列され、紙のごとく面となって現れる様は、一つのチャプターが出来ていくようです。 あてもなく漂うようなチャプター、登場人物の多さに翻弄されるチャプター…過去の自分、これからの自分の物語をのぞき見るように、紙の内側をのぞき見るように、どうぞお楽しみ下さい。 DiEGO

​ People create their own stories every day. Each day, each second is intricately intertwined, each chapter ends, a new chapter begins, and a story is created. In recent years, Tomomi Hanzawa has been creating works using plant fiber, the raw material of paper, based on the concept of "superimposing the structure of paper and the origin of the self. Plant fibers are a complex combination of trivial matters, unexpected situations, and irresistible thoughts. They are layered or arranged in complex ways and appear as a surface just like paper, as if a chapter is being created. Chapters that seem to drift aimlessly, chapters that are tossed about by the multitude of characters... Please enjoy them as if you were peering into the story of your past and future selves, as if you were peering inside a piece of paper. DiEGO

Diego

国際彫刻交流展ー感覚の解放ー

International Sculpture Exchange Exhibition

2021.9.13 mon.-10.1 fri.

女子美ガレリアニケ・110周年記念ホール/ 東京

Joshibi galleria nike, 110th Anniversary Hall/ Tokyo

女子美

ー肌理と知覚ー半澤 友美・盛永 省治展

Tomomi Hanzawa + Shoji Morinaga “Texture and Perception”

2021.2.10 wed.-3.1 mon.

日本橋髙島屋S.C.本館6階 美術画廊X/ 東京

Nihombashi Takashimaya 6F / X Art Gallery/ Tokyo

身の回りにある様々なものを一つの物として認識するためには、そのほとんどを視覚にゆだねています。目に映るものを山と捉えるか、森と捉えるか、一本の木として捉えるかは、山・森・木には明確な境界はなく、ぞれぞれの周囲にある肌理 (テクスチャー)により知覚しています。 両氏の素材や制作過程、フォルムの探究から「肌理と知覚」の関係が現れてきます。半澤友美氏は、紙漉きの手法を用いて、紙の原料となる植物の繊維を素材に彫刻やインスタレーション作品を制作しています。ひとつひとつの繊維が絡まることで成形される紙、その成り立ちについて思索を巡らせる中で、自分自身や周囲を構成する点と点の交わり、線や面についての考察が作品に積層されています。 盛永省治氏は、大工、家具製作を経て、カリフォルニアでウッドターニングという木工旋盤を用いた手法を学びました。大きな木材を削り出し、それぞれの個性を見出だしながら、肌触りや木目など木がもつ最も美しい表情を器やオブジェの表面に宿していきます。 繊維や木という素材が二人の手を介し、その質感、大きさ、形に、創意が綾なす肌理が与えられた作品をぜひご高覧ください。

Exhibiting the works of two Japanese sculptors who bring awareness to the textures of their materials, which include fibers and wood.

日本橋髙島屋

​個展/ Solo Exhibition

Note

2020.10.2 fri.-22 thu.

MARUEIDO JAPAN/ Tokyo

この度、MARUEIDO JAPANでは半澤友美「Note」を開催いたします。半澤友美は、紙の成り立ちに着目し独自の造形作品を創り出しています。植物繊維の絡まりからなる紙は、その原料を幾重にも重ねると強固な物体となります。半澤は日本の紙漉(かみすき)の技法を応用し立体作品を制作してきました。半澤は紙と自己に向き合い続け、その都度自己を顧みる記録として、まるでノートを取るかのように制作を続けています。今展覧会タイトルにもなった「Note」のシリーズは、金網に幾重にも紙の繊維を絡ませ積み重ねられた作品です。金網の人を寄せつけない金属的な強さと、紙の柔らかさを同時に併せ持っています。時間と記録が集積された作品たちは、会場で佇み現代の碑のように見た者に何かを問い掛けて来ます。

​ MARUEIDO JAPAN is pleased to announce that it will hold an exhibition by Tomomi Hanzawa called Note. Tomomi Hanzawa creates unique sculptural art which is focused on the origins of paper. She uses the raw materials for paper, which is made from the pulp of plant fibers, and takes that pulp to build up layers to create a solid object. Hanzawa creates three dimensional works by applying Japanese paper making techniques. Last year, in the atrium gallery of the Pola Museum of Art in Hakone, her ambitious installation “The Histories of the Self” featured an eye-catching exhibition collection of hundreds of artworks focused on one subject. As could be seen at that exhibition, Hanzawa continues to confront both paper and herself, and she is pursuing the creation of art like a form of note-taking to record her own reflections at all times.Her “Note” series, which also the title of this exhibition, are artworks that consist of paper pulp layered on metal meshes. These artworks simultaneously unite the metallic strength of metal meshes which have characteristics that repel people, and the softness of paper.They are artworks which integrate time and records, and that ask questions of the viewer standing in the exhibition space, and who are looking at the art as if it is a modern monument. We would be delighted if you could take this opportunity to visit our gallery, and experience the work of a very unique artist.

▶︎TEXT

Note 内呂博之(ポーラ 美術館学芸員)

Hiroyuki Uchiro (Curator, Pola Museum of Art)

Note

ポーラ ミュージアム アネックス展 2020 −真正と発気−

POLA MUSEUM ANNEX EXHIBITION 2020

2020.2.21 fri.-3.15 sun.

2020.9.26 sat.-10.11 sun.

ポーラミュージアムアネックス/ 東京

Pola Museum Annex/ Tokyo

公益財団法人 ポーラ美術振興財団

Pola Art Foundation

「ポーラミュージアム アネックス展」は、公益財団法人ポーラ美術振興財団が、1996年以来実施している「若手芸術家の在外研究助成」を受けられた 方々の研究成果をご披露いただく展覧会であり、今回で16回展を迎える。展覧会のタイトルとして「真正と発気」という言葉が付されているが、 このイメージによって出品作が選ばれているわけではなく、監修者が3名のアーティストに出品依頼を行い、作品はいうまでもなく各アーティスト の創意に委ねられている。「真正と発気」という言葉に使われている「真正」とは ausenticity を訳したものであり、「発気」は aura からとられている。 アートの中には、素材の真正性を隠してしまうものもある。17世紀オランダの静物画などはその一例であろう。それらとは反対に、素材の真正が 構造を経て発気に至るまでその真正性の存在を明らかに留めているアートもある。この両義性もまた魅力である。 ​ 展覧会監修者 木島俊介(公益財団法人ポーラ美術振興財団 ポーラ美術館 館長)

The Pola Museum Annex Exhibitions have been organized since 1996 by the Pola Art Foundation for the purpose of showcasing the works produced by recipients of “Grants for Overseas Study by Young Artists.” This will be the 16th exhibition in the series. The exhibition is titled “Authenticity and Aura," but it is not merely a collection of works selected on the basis of this theme. Rather, the curator engaged three artists for the exhibition, giving each of them free reign with their works and ideas. In some works of art the "authenticity of the materials is latent. One example is the still life paintings of the Netherlands from the 17th century. In contrast, there is also art in which the authenticity of the materials is obviously preserved throughout the structure and even in the “aura” of the iwork. This ambiguity is also a source of charm. ​ Exhibition supervisor, Shunsuke Kijima (Director, Pola Art Foundation Pola Art Museum)

POLA MUSEUM ANNEX
POLA MUSEUM ANNEX

​個展/ Solo Exhibition

HIRAKU PROJECT VOL.9 The Histories of the Self

2019.8.10 sat.- 12.1 sun.

主催:公益財団法人ポーラ美術振興財団/ 会場:ポーラ 美術館 アトリウムギャラリー

Organized by Pola Art Foundation/ Venue: Atrium Gallery, Pola museum of Art

 

ポーラ美術館は、2017年10月に、現代美術を展示するスペース「アトリウム ギャラリー」をオープンし、平成8年よりポーラ美術振興財団が助成してきた若手芸術家たちを紹介する「HIRAKU Project」を開始しました。第9回目の展示として、「半澤友美 The Histories of the Self」展を開催します。

The “Hiraku Project” is conceived as a series of exhibitions introducing contemporary artworks by Pola Art Foundation Grant recipients. The exhibitions are to be held at the Atrium Gallery, recently established to celebrate the 15th anniversary of the Pola Museum of Art. “Hiraku” translates as ‘open,’ in the sense of ‘responsive to new possibilities.’ We are pleased to present [Tomomi Hanzawa’s The Histories of the Self ] as the 9th exhibition in our HIRAKU Project.

ポーラ美術館

新進芸術家育成交流作品展

FINE ART UNIVERSITY SELECTION×SELECTION 2016-2017

2018.1.13 sat.- 21 sun.

アーツ千代田3331メインギャラリー / 東京

3331 Arts Chiyoda/Tokyo


3331

​個展/ Solo Exhibition

See

2017 

JINEN GALLER /Tokyo

See

アーティストインレジデンス/ Artist in residence program

南総金谷芸術特区

NANSO KANAYA GEIJUTSU TOKKU

 

2017.3.10 fri.- 3.21 mon.

南総金谷芸術特区/千葉

NANSO KANAYA GEIJUTSU TOKKU, Chiba

金谷

​個展/ Solo exhibition

grey integument

2016 

ガレリアグラフィカbis /東京

galleria grafica bis /Tokyo

grey

​個展/ Solo exhibition

溢るる 垂る  

 

2015  

いりや画廊/東京

Gallery IRIYA/Tokyo

いりや画廊

​個展/ Solo exhibition

White Atmosphere  

 

2013

プロモアルテギャラリー/東京

Gallery Promo-arte/Tokyo

White Atmosphere

  • Grey Facebook Icon
  • Grey Instagram Icon
bottom of page