PAPER : かみと現代美術

A Quest into the World "with" PAPER

2022年10月1日(土)− 12月18日(日)

熊本市現代美術館 

2022.10.1 sat. - 12.18 sun.

Contemporary Art Museum, Kumamoto

https://www.camk.jp/exhibition/paper/

「PAPER:かみと現代美術」プレスリリース.jpg

 

今から2000年以上も前に発明されて以来、私たちの生活のあらゆる場面に浸透した必要不可欠な素材、「紙」。情報の記録や意思伝達をはじめ、ものを包む、液体を拭う、光をとおす・・・など、その機能と役割は枚挙にいとまがありません。「紙」の幅広い活躍は、しなやかで応用しやすい性質や特長によるものですが、そこには人間が与えた何らかの操作や社会の中での機能が伴っています。「紙」になるまでも「紙」となってからも、人とのかかわりなしには存在しない素材なのです。

本展ではそのような「紙」「紙製品」に注目し、独自の表現へと昇華させた現代アーティストをご紹介します。彼らの作品は「紙の上に」ではなく、「紙とともに」アイデアを視覚化したものと言えます。誰にとっても馴染みのある「紙」をとおして、本展のアーティストたちが投げかける問いは、私たちを取り巻く世界や価値観を様々な角度から照らし出してくれることでしょう。

 半澤友美は「紙」がひとつの造形物であることに目を向け、そこに制作の起点を置いています。その大きな特徴は、「作品」と「紙」が地続きになっていること。つまり、表現行為と「紙を作ること」が一致している点にあります。半澤は、繊維の絡まりによって成り立っている紙の構造、土地の環境や自然条件によって異なる生成方法、記録を目的に発展してきた素材であることなどを踏まえ、そこに「アイデンティティ」や「自己」の考察を重ね合わせた作品を制作しています。
 半澤は、紙工房での長期研修でアメリカに滞在していた際、日本では見かけない太いスポイトと出会いました。それはローストチキンを作る際に、鶏肉に肉汁やソースをかけるための調理用具。半澤はこの道具にヒントを得て、水に溶いたパルプを一滴ずつ垂らすことを思い付きます。《Self》《Traces》は、スポイトからドロップされた紙料の「粒」が重なり合い、絡まりあうことでできている作品です。スポイトから垂らされる紙料の一滴を、作家は、経過した時間の中にある出来事、経験、人間関係の断片として読み替えます。時間は単線的にとらえられがちですが、1人の人間が体験した時間は、その「自己」を形成する上で複雑に絡みあって影響しているはずです。また今回半澤は、樹皮紙(じゅひし)を取り上げた新作《Trails of intersecting》も発表します。樹皮をたたいて薄くの延ばすことでシート状の「紙」にしていく樹皮紙は、「漉く」とは異なる「紙」です。半澤は、紐状の細長い楮(こうぞ)を斜めにクロスさせ、線をたどっていくようにたたきます。構造とプロセスをたどり、成り立ちについて問うことが、半澤の作品(かみ)なのです。

DSC08176.jpg

 

Narrative Act

2022.8.19 fri.-9.17 sat.

DiEGO 表参道/ Tokyo

 

物語を語ることは、語りの中で過去の出来事を〈関係づけて語る〉ことであり、他者が過去の生のさまざまな糸を何度も手繰りながら自分自身の生の糸を紡ぎだそうとするときに従う、世界を貫く一本の小道を辿り直すことである。(ティム・インゴルド『ラインズ 線の文化史』)

 

Narrative act(物語行為)は私が私を見るために有効な手段の一つです。

社会や時間との絡まりの中で織りなされる私について、出来事を関連づけながら、選択・配列し、Narrative(物語)を作り出します。紙の上においては読むことができる表面に置かれる痕跡としてNarrativeは出現しますが、紙を構造物として見た時に、紙と痕跡が形成される過程で生成される軌跡の存在に気がつきます。そこに至る過程での出来事、それと同時に起きている出来事、世界のなかでそれに続いて起こる出来事、などとの関係が交錯する中、自分自身を位置付ける、または意味付けるための選択しをし、配列した線を辿ることで、Narrative actは行われるのではないでしょうか。

 

表面から構造へ、軌跡へ、成り立ちへ、そして自己へ

あらゆる関係の絡み合いへの興味と自覚は生の在り様そのものを深くみつめることになるのではないかと考えています。

DiEGO表参道

https://diego-omotesando.shop/

Narrative act is one of the effective means by which I see me.
It creates Narrative by selecting and sequencing events, relating them to each other, about me as I am woven into the fabric of society and time. On paper, the narrative appears as a trace on a readable surface, but when we look at paper as a structure, we notice the existence of traces generated in the process of forming the paper and the trace. Narrative acts may be performed by making choices to position oneself or to give meaning to oneself, and by tracing the lines that have been arranged in the intermingling of the relationship with the events that have occurred in the process of getting there, the events that are occurring at the same time, and the events that follow in the world.

From surface to structure, to trajectory, to origins, and to self.

I believe that an interest in and awareness of the intertwining of all relationships will lead to a deeper look at the very nature of life itself.

DiEGO Omotesando

https://diego-omotesando.shop/

DMweb.jpg

 

国際彫刻交流展ー感覚の解放ー

International Sculpture Exchange Exhibition

2021.9.13 mon.-10.1 fri.

女子美ガレリアニケ・110周年記念ホール/ 東京

Joshibi galleria nike, 110th Anniversary Hall/ Tokyo

いつも、おなじ時刻にやってくるほうがいいんだ。・・・きまりがいるんだよ。」

"It would have been better to come back at the same hour-. . . One must observe the proper rites . . ."

 

サン=テグジュペリ『星の王子さま』の中で、キツネは王子さまにこう言った。

私たちは意識的にせよ無意識的にせよ、それには関係なく「きまり」を繰り返している。

 

この数年すっかり家から出ることがなくなった私の祖母は、毎日彼女の持つ食器を選んで並べる。

彼女は自分の器を数多く所有している。その中でも彼女が日常に使用するのは約10種類であり、都度その中の一部を選びだし、自分の目の前に並べ置く。配膳マナーが意識下にありつつも、身体の都合を気にするようになった彼女の器の配置は毎日異なり、器を持ち上げ置き直すたびにその配置はさらに変化していく。彼女は彼女の位置を測定し続ける。ハイデガーは「詩人的に人間は住む」と言うヘルダーリンの詩句に言及しつつ「詩作するとは測ることである」と書いているが、物理的な距離だけではなく、彼女の在り様を彼女は測っていると言ってもいいだろう。

 

「そいつがあればこそ、ひとつの日が、ほかの日とちがうんだし、ひとつの時間が、ほかの時間とちがうわけさ。」

キツネは「きまり」について王子さまにこう説明する。「きまり」を繰り返すということは生じる差異からみてもある一瞬を取り出すことである。

彼女による彼女の器を配置するという繰り返される行為は、彼女の位置を測定し、彼女自身の「今」を取り出すための「きまり=儀式(rites)」ではないだろうか。

並んだ器は儀式によって取り出された「今」の痕跡である。その「今」はすぐに過去のものになり、記憶になり、回想され「今」に引き戻されつつも、また新たな「今」へと更新される。『方丈記』に書かれた川の流れの水のようにの水ではなく、泡沫のようにとどまることはない。ただその永遠のような川もまた「今」だろう。様々な今が私たちと私たちの周囲には流れている。

 

キツネが言うように、うつろう「今」を生きる私たちにとって、「きまり」は大切な要素ではないだろうか。

私たちが普段やり過ごしている儀式の痕跡、「今」の回想録をもってして、私は(新たな)「今」を生起させようと試みている。

I have recorded the position of my grandmother, who has not left the house at all in the last few years, where she places her teacups. She continues to confirm her position, her "now. This is a memoir of the "now" to give rise to a new "now".

IMGP1561.jpg

 

ー肌理と知覚ー半澤 友美・盛永 省治展

Tomomi Hanzawa + Shoji Morinaga “Texture and Perception”

2021.2.10 wed.-3.1 mon.

日本橋髙島屋S.C.本館6階 美術画廊X/ 東京

Nihombashi Takashimaya 6F / X Art Gallery/ Tokyo

身の回りにある様々なものを一つの物として認識するためには、そのほとんどを視覚にゆだねています。目に映るものを山と捉えるか、森と捉えるか、一本の木として捉えるかは、山・森・木には明確な境界はなく、ぞれぞれの周囲にある肌理 (テクスチャー)により知覚しています。

両氏の素材や制作過程、フォルムの探究から「肌理と知覚」の関係が現れてきます。半澤友美氏は、紙漉きの手法を用いて、紙の原料となる植物の繊維を素材に彫刻やインスタレーション作品を制作しています。ひとつひとつの繊維が絡まることで成形される紙、その成り立ちについて思索を巡らせる中で、自分自身や周囲を構成する点と点の交わり、線や面についての考察が作品に積層されています。

盛永省治氏は、大工、家具製作を経て、カリフォルニアでウッドターニングという木工旋盤を用いた手法を学びました。大きな木材を削り出し、それぞれの個性を見出だしながら、肌触りや木目など木がもつ最も美しい表情を器やオブジェの表面に宿していきます。

繊維や木という素材が二人の手を介し、その質感、大きさ、形に、創意が綾なす肌理が与えられた作品をぜひご高覧ください。

note2021_all_17.jpg

 

Note

2020.10.2 fri.-22 thu.

MARUEIDO JAPAN/ Tokyo

この度、MARUEIDO JAPANでは半澤友美「Note」を開催いたします。半澤友美は、紙の成り立ちに着目し独自の造形作品を創り出しています。植物繊維の絡まりからなる紙は、その原料を幾重にも重ねると強固な物体となります。半澤は日本の紙漉(かみすき)の技法を応用し立体作品を制作してきました。半澤は紙と自己に向き合い続け、その都度自己を顧みる記録として、まるでノートを取るかのように制作を続けています。今展覧会タイトルにもなった「Note」のシリーズは、金網に幾重にも紙の繊維を絡ませ積み重ねられた作品です。金網の人を寄せつけない金属的な強さと、紙の柔らかさを同時に併せ持っています。時間と記録が集積された作品たちは、会場で佇み現代の碑のように見た者に何かを問い掛けて来ます。

MARUEIDO JAPAN is pleased to announce that it will hold an exhibition by Tomomi Hanzawa called Note. Tomomi Hanzawa creates unique sculptural art which is focused on the origins of paper. She uses the raw materials for paper, which is made from the pulp of plant fibers, and takes that pulp to build up layers to create a solid object. Hanzawa creates three dimensional works by applying Japanese paper making techniques. Last year, in the atrium gallery of the Pola Museum of Art in Hakone, her ambitious installation “The Histories of the Self” featured an eye-catching exhibition collection of hundreds of artworks focused on one subject. As could be seen at that exhibition, Hanzawa continues to confront both paper and herself, and she is pursuing the creation of art like a form of note-taking to record her own reflections at all times.Her “Note” series, which also the title of this exhibition, are artworks that consist of paper pulp layered on metal meshes. These artworks simultaneously unite the metallic strength of metal meshes which have characteristics that repel people, and the softness of paper.They are artworks which integrate time and records, and that ask questions of the viewer standing in the exhibition space, and who are looking at the art as if it is a modern monument. We would be delighted if you could take this opportunity to visit our gallery, and experience the work of a very unique artist.

notetoself_web.jpg

 

ポーラ ミュージアム アネックス展 2020 −真正と発気−

POLA MUSEUM ANNEX EXHIBITION 2020

2020.2.21 fri.-3.15 sun.

2020.9.26 sat.-10.11 sun.

ポーラミュージアムアネックス/ 東京

Pola Museum Annex/ Tokyo

公益財団法人 ポーラ美術振興財団

Pola Art Foundation

「ポーラミュージアム アネックス展」は、公益財団法人ポーラ美術振興財団が、1996年以来実施している「若手芸術家の在外研究助成」を受けられた 方々の研究成果をご披露いただく展覧会であり、今回で16回展を迎える。展覧会のタイトルとして「真正と発気」という言葉が付されているが、 このイメージによって出品作が選ばれているわけではなく、監修者が3名のアーティストに出品依頼を行い、作品はいうまでもなく各アーティスト の創意に委ねられている。「真正と発気」という言葉に使われている「真正」とは ausenticity を訳したものであり、「発気」は aura からとられている。 アートの中には、素材の真正性を隠してしまうものもある。17世紀オランダの静物画などはその一例であろう。それらとは反対に、素材の真正が 構造を経て発気に至るまでその真正性の存在を明らかに留めているアートもある。この両義性もまた魅力である。

展覧会監修者 木島俊介(公益財団法人ポーラ美術振興財団 ポーラ美術館 館長)

The Pola Museum Annex Exhibitions have been organized since 1996 by the Pola Art Foundation for the purpose of showcasing the works produced by recipients of “Grants for Overseas Study by Young Artists.” This will be the 16th exhibition in the series. The exhibition is titled “Authenticity and Aura," but it is not merely a collection of works selected on the basis of this theme. Rather, the curator engaged three artists for the exhibition, giving each of them free reign with their works and ideas. In some works of art the "authenticity of the materials is latent. One example is the still life paintings of the Netherlands from the 17th century. In contrast, there is also art in which the authenticity of the materials is obviously preserved throughout the structure and even in the “aura” of the iwork. This ambiguity is also a source of charm.

Exhibition supervisor, Shunsuke Kijima (Director, Pola Art Foundation Pola Art Museum)

200207-0851©POLA MUSEUM ANNEX.jpg
120314928_3291896084220554_8262451329642223105_n.jpg

 

AiPHT PLUS

2020.2.17-3.21

パークホテル東京 / 東京

Park Hotel Tokyo/ Tokyo

thehistories_hotel.jpg

 

HIRAKU PROJECT VOL.9 The Histories of the Self

2019.8.10 sat.- 12.1 sun.

主催:公益財団法人ポーラ美術振興財団/ 会場:ポーラ 美術館 アトリウムギャラリー

Organized by Pola Art Foundation/ Venue: Atrium Gallery, Pola museum of Art

本展では、開放的な展示空間の特性を考慮しながら丹念に制作された、約300枚の紙で構成するインスタレーションを初公開いたします。「The Histories of the Self」というタイトルは、このインスタレーションの制作方法に由来するものです。半澤は、植物の繊維が絡み合った、着色された原料を平らな板の上にスポイトで点々と垂らし、それを幾層も重ね、プレスにかけて一枚の紙を作ります。

こうして制作された数多の紙は、赤や朱、紫、褐色などの紙の原料の選び方や厚み、プレスのかけ具合などの条件によってそれぞれ異なります。紙の素材感豊かな本作品は、素材のもつ儚さやまだらな色のありようによって、不穏な雰囲気を漂わせ、観る者それぞれが積み重ねてきた時間の存在と向き合うことをうながしています。

Tomomi Hanzawa (1988 – ) creates her distinctive works using Japanese washi paper plant fibers as her materials. She has recently been producing three-dimensional pieces on a life-size human scale. The structures, like the human body, need a strong framework to support the bulk of the weight attached. Hanzawa chose a metal mesh for this framework. As clumpy paper pulp is poured, fibers become entangled in the net and, through a process of several repetitions, gradually flesh out a form. When dry, the solid material takes on a definite three-dimensional form, like a human body. Once the shape is finalized, inner and outer surfaces appear and, like the human spirit, have transformative influences.

 

While creating her three-dimensional and semi-three-dimensional forms in 2018, Hanzawa trained at a paper studio in the United States. She took the opportunity to also survey local handmade paper techniques in Mexico and Canada and produced her monotone Drawings on Paper (2018) series using local Kenaf and cotton fibers and the tamesuki papermaking method, whereby washi stock materials are applied in layers and pressed. As a result, these were flat, in contrast to her previous three-dimensional works. Repeated layering and pressing of different types of stock allowed random variations of thickness and pattern-like forms to emerge on the surface.

 

The Histories of the Self (2019) series featured in this exhibition developed from Hanzawa’s ‘drawings from papermaking.’ Each of the works in the series has its own character, depending on how red, green, purple, brown and other paper stock particles were layered and pressed. Hanzawa calls differences ‘personality’ and even refers to the works as ‘selves.’ Various elements make up a ‘self’ – the place one was born and raised, family, friends, etc. – and Hanzawa believes that stacks of fiber built through papermaking reflect such relationships. Even without a metal mesh framework, individual differences stand out because of irregularities in the flat surfaces. It is like the effect the changing context and color of the earth has on variation seen humans and in all living things.

 

The process of ‘drying’ is also an important element of Hanzawa’s work. The first step is, of course, to press out as much water as possible to allow the fibers to blend and then letting the paper dry slowly on a board. After that, it is necessary to allow time for persimmon tannin and color coatings to soak in, and for drying oil, such as linseed or walnut oil, to permeate until a soft gloss appears. Although Hanzawa tries to control the amount of persimmon tannin and drying oil, the drying time is affected by the environment and often does not go as planned. Other unexpected conditions and effects also arise. The works are self-contained and independent. This, actually, is what Hanzawa, is seeking.

thehistoriesoftheself.jpg

新進芸術家育成交流作品展

FINE ART UNIVERSITY SELECTION×SELECTION 2016-2017

2018.1.13 sat.- 21 sun.

アーツ千代田3331メインギャラリー / 東京

3331 Arts Chiyoda/Tokyo


someroom.jpg

 

See

2017 

JINEN GALLER /Tokyo

grey_2_b.jpg

 

アーティストインレジデンス 南総金谷芸術特区

KANAYA Artist in residence program "NANSO KANAYA GEIJUTSU TOKKU"

 

2017.3.10 fri.- 3.21 mon.

南総金谷芸術特区/千葉

NANSO KANAYA GEIJUTSU TOKKU, Chiba

千葉・金谷にて行ったアーティスト・イン・レジデンス・プログラムで制作した作品。金谷の旅館「金泉館」の一室全て(畳、壁、天井、小物全て)に和紙を貼った。
金谷は観光客や若い移住者が多いという開かれた側面と、高齢者の多い昔ながらの集落という側面の両方を持つ町で、外人(ソトビト)と内人(ウチビト)を区別する昔ながらの思想を持ちながらも、変化しつつある今の時代に対峙し、お互いを受け入れようと試みていた。その区別は確かにあるものの、その境界は曖昧なものとなりつつあるようであった。私は部屋の全てに和紙を貼り、外/内、記憶/現在、私/公などの双方が行き来可能な曖昧な境界を作ることを試みた。現在における、人のあり方を探るための作品である。


I made this work in Artist-in-residence program in KANAYA,CHIBA. I put Handmede Japanese papers on the room (floor, wall, ceiling, accessories,All in the room) in the Japanese hotel. I attempted to create an ambiguous boundary where both outside / inside, memory / present, me / public etc. can come and go. It is a work to find out person's ideal relationship.

IMGP2166.jpg

 

grey integument

2016 

ガレリアグラフィカbis /東京

galleria grafica bis /Tokyo

自身で漉いた和紙を縫うことで形を作る。厚みにムラをつけた和紙を漉き、板張りをせずに乾燥させ、その工程で現れるしわを糸で絞り縫い、留めていった。しわを糸で捉えることで和紙が糸に変化していくと同時に、平面だった和紙が立体的に形を持つ。薄く繊細な皮膚感のある和紙に一刺しずつ糸を通していくことで、曖昧だった印象が、固まっていく。
人(私)の存在を自身の、社会の中で確かにしていくためには、時間や他物との関係、影響を必要とする。和紙を縫うことでそれを表現し、人(私)の存在とは何か、物事の存在とは何かを考える。


These are works that made shapes by sewing Handmade Japanese paper made by me.The paper becomes full of threads and the plane becomes three-dimensional and the ambiguous impression becomes clear.
To make people 's (my) existence clear, relationships and influences with time and other things are necessary.I sew paper and express it. I think about what people (and me)are and the existence of things.

grey_3.jpg

 

溢るる 垂る  

 

2015  

いりや画廊/東京

Gallery IRIYA/Tokyo

2015web.jpg

 

White Atmosphere  

 

2013

プロモアルテギャラリー/東京

Gallery Promo-arte/Tokyo

White Atmosphere

  • Grey Facebook Icon
  • Grey Instagram Icon