thehistoriesoftheself.jpg

 

The Histories of the Self  2019/木材パルプ、染料、柿渋、アマニ油
The Histories of the Self  2019/Wood pulp, Dye, Persimmon tannin, Linseed oil

 

 

 

繊維のネットワーク、あるいはインターネットとしての個人史――半澤友美の近作をめぐって

半澤友美の作品は、和紙の成り立ちをモティヴェイションとしている。それゆえ、彼女の作品について語るためには、まず和紙の成り立ちについて見ておかなければならない。
                   *
紙は、繊維の絡まりからなる平板な物体である。ふだんは、その物体性が意識されることは少ないが、数百枚だと物体性を強く帯びるし、たった一枚で物体性を強く感じさせるものがある。身近なところでは手漉きの和紙がよい例だ。繊維の絡まりによって成り立つ一個の物体として和紙は存在している。その実在性は、視覚にも触覚にも訴えかけてくる。
和紙の製法には二種類ある。ひとつは「流し漉[す]き」といって、楮や雁皮など植物の繊維に接着剤を混ぜた「紙料[しりょう]」と呼ばれる液体を、すだれ状の底をもつ木枠に掬い取り、繊維を絡ませる工程を繰り返すやり方だ。いまひとつは、同様の作業を一回のみで終了させて枠の底に絡まり合って沈殿した繊維を得る「溜め漉き」というやり方である。
このようにして得られた湿ったシートから水分を圧搾し、乾かすことで和紙が得られる。
                 *
半澤友美の作品は、こうした和紙の成り立ちを踏まえている。たとえば、金網に楮と麻の繊維を絡ませた《Some Rooms》(2018)という屏風状の作品は、縦横無尽に絡まりあう繊維の様態そのものといっても過言ではない。ここには和紙の成り立ちが見てとられる。
 〈The histories of the self〉と題された最近のシリーズでは、紙料を調理用スポイトで点々と垂らして、幾層も重ねたものに圧をかけて一枚の矩形のシートに仕上げている。シートは赤や緑など単色を基調とするものと、基調の定まらないものとがあるが、どれも、まだらに濁っている。圧力のために点はつぶれて不定形に広がり、全体の印象はアンフォルメルの画面を思わせる。
ケナフとコットンの繊維が用いられているので材料的には洋紙ということになるのだが、制作手順は「溜め漉き」の応用ということができる。洋紙にもちいる繊維は和紙よりも短いことにも留意する必要があるものの、不定形に押し拡げられた滴りを一枚の紙に見立てるならば、紙の面積と繊維の長さとの比例関係は和紙に近づく。
                     *
この作品の成り立ちは、巨大な蜘蛛の巣のようなインターネットの拡がりへと思いを誘わずにはいない。点状の繊維の絡まりを一つのコンピュータネットワークに見立てるとき、それが幾つもつながり、重なり合って形成されるシートはインターネットと見なすことができるのだ。
だが、これは現代社会のたんなる寓話ではあるまい。〈The histories of the self〉というタイトルは、滴りのひとつひとつを「自己」として捉えることへと見る者を促している。多様な関係の結節点[ノード]としての自己である。仏教の縁起説からすれば目新しい発想ではないものの、近代が育んできた実体的な自己イメージに対する批判的捉え返しの契機として、この発想は重要な意義をもつ。
しかも、制作手順に沿って考えるならば、滴りの連続はhistoricalな事態として受け取るのが順当だろう。シートの一枚一枚には、ひとりひとりの人間の個人史が寓されているわけだ。あるシートが同系色でまとまっていても、そこに微妙な差異がざわめいているのは、アイデンティティの時間軸上の揺らぎとみることができる。
                     *
時間軸に沿って一種のインターネットとして形成される個人史。半澤友美の近作は、インターネット以後を生きるわたしたちの「自己」の有りようについて問いかけている。触覚性ゆたかな紙の実在性において、ふっくらと、やわらかく、しかし、はかなく、どこかしら不穏な雰囲気を漂わせながら、しずかに作者は問いかけている。

北澤憲昭(美術批評家)

 

 

 

 

紙の原料となる植物繊維を使い、独自の造形をおこなう半澤友美(1988-)は、近年は人物の大きさほどの立体作品を作ってきた。それを仮に人体とみなすのであれば、肉を支える強靭な骨格を要する。そこで選ばれたのが金属製の網であった。金属網にどろどろの紙料(紙の繊維)を流すと、網に繊維が絡まり徐々に肉の部分が形成されてくる。紙料を幾度も重ねることで、肉は厚くなる。そして、乾燥することで確かな形が定まり、物質感をともなった立体となる。これが人体とみなす所以である。形が決まると、作品の内と外の境界が定まる。境界の内側は、外側からの影響や働きかけによって、様々に変化し得る。それは人間の精神も同様であろう。

いわゆる立体や半立体の作品を作りつづけてきた半澤は、2018年にアメリカの紙工房で研修を受ける機会を得、さらにメキシコ、カナダに赴き現地の手漉き紙に関する調査をおこなった。その過程において現地で入手可能なケナフとコットンのみによる、モノトーンの〈紙漉きによるドローイング〉(2018年)のシリーズを試みている。これらは、和紙の原料を用い、立体的な構造体を制作するそれまでの表現手法とは異なり、「溜め漉き」と呼ばれる紙漉きの方法を応用することによって制作された平面性のある作品群である。すなわち、異なる種類の紙料を載せ重ねてプレスすることで得られるものであり、紙料の載せ方――太さや厚さ、形など――を変化させることで、作品の表面には無作為な紋様のような形態が表れる。

この〈紙漉きによるドローイング〉を発展させたのが本展に出品されている〈The Histories of the Self〉(2019年)のシリーズである。赤や朱、紫、褐色などに着色した紙料の粒を載せ重ね、プレスすることによって作られるこの一連の紙作品は、その色材の種類や量、紙料の重なり具合によってそれぞれ異なる表情をみせる。そのようにできた紙の独自性を、半澤は「個性」と呼び、また紙作品そのものを「自己」と呼ぶ。自己は様々な要素(生まれ育った場所や人など)との関係性で成り立つように、半澤の漉く紙もまた繊維の積み重なりや、繊維の関係性によって成り立つ。金属網のような骨格はなくとも、環境によって変化しやすい平面ゆえにその個性は際立ち、そこに表れた色は人間の血と肉、肌、そしてあらゆる生物を育む大地の色に思えてくる。

半澤の作品の重要な工程として「乾き」の時間がある。プレスによって大方の水分を取り去った紙を、板に挟んでゆっくりと乾燥させて繊維をなじませる時間はもちろんだが、その後の工程である柿渋の塗布と色彩に深みが出るまでの乾燥時間、そして仕上げとしての乾性油(アマニ油、クルミ油など)の塗布と柔らかな光沢が出るまでの乾燥時間である。半澤は、自身の作品が置かれる環境を想定して柿渋や乾性油の量を調節するが、作業環境の影響によって塗料の乾燥時間は思い通りにならない。だが、それゆえに思いがけない効果も生まれる。作品には自己が宿り、作品は独り立ちする。これこそ、半澤が作品に求めることであろう。

内呂博之(ポーラ 美術館学芸員

Tomomi Hanzawa’s recent work: a network of fibers and Internet personal history

An analysis of Tomomi Hanzawa’s work requires an examination of the processes of Japanese washi paper upon which her work is based.

 Paper is a flat medium composed of intertwined fibers. We are rarely conscious of the material presence of paper until there is a stack of several hundred sheets. However, even one sheet of handcrafted paper has a distinctive presence.
 There are two methods for producing washi. One is called nagashi-zuki. In this case, fibers from plants such as the mulberry or ganpi are mixed with a bonding agent to make a paper pulp liquid that will be poured repeatedly into a wooden frame lined with a strainer that skims off the fibers. The other method is tame-zuki. The process is the same, but without repeated pouring. Water is squeezed out of the damp sheet that is then dried.
 
Tomomi Hanzawa builds her works from washi. The process of washi is echoed in Some Rooms (2018), for example, a folding screen composition with mulbery and linen continuously entwined in a wire mesh. It totally reflects the process of washi production.
 For her recent series, The Histories of the Self, Hanzawa used a cooking baster to drip and overlap layers of paper pulp drops. Appling pressure, she produces single rectangular sheets of paper. The sheets are monochrome in red, green, or other colors, though some are mottled or muddied rather than showing an overriding key color tone. The general impression, resulting from the pressure applied to irregularly positioned drops, is like an Informel painting.
 The use of kenaf (Hibiscus cannabinus) and cotton fibers suggests Western paper, but Hanzawa’s production technique applies the tame-zuki method. It should be noted, however, that while the fibers of the materials are shorter than those used in washi, the
irregular placement of pulp results in a proportional relation between the area of the paper and the fiber length that approaches that of Japanese paper.

 The structure of Hanzawa’s works invites a comparison to a huge spider web or to the web of the Internet. Thinking of the intertwined dots of fiber as a computer network, the numerous connections of the overlapping sheets seem to suggest the structure of the Internet.
 Hanzawa’s works are not a parable of modern society. The title, The Histories of the Self, compels viewers to see each drop as an expression of ‘self’ as a node in a complex web of relationships. This idea, common in Buddhist thinking, also holds important meaning in reflection on the image of the ‘self’ that developed along with modernity.
 
Moreover, the production method of continuous dripping may be thought to suggest the flow of historical events, each sheet representing the personal histories of individuals. Even if the sheets are similar in color, subtle differences resonate as identity fluctuations through time. Personal history is formed on a time line similar to the Internet. Tomomi Hanzawa’s recent works ask us to contemplate possibilities of ‘the self’ in the Internet age. She quietly questions the disturbing atmosphere that somehow wafts from the soft and ephemeral plush tactile paper.

Noriaki Kitazawa (Art Critic)

The Histories of the Self


Tomomi Hanzawa (1988 - ) creates her distinctive works using Japanese washi paper plant fibers as her materials. She has recently been producing three-dimensional pieces on a life-size human scale. The structures, like the human body, need a strong framework to support the bulk of the weight attached. Hanzawa chose a metal mesh for this framework. As clumpy paper pulp is poured on the mesh, fibers become entangled and, through a process of several repetitions, gradually flesh out a form. When dry, the solid material takes on a definite three-dimensional form, like a human body. Once the shape is finalized, boundaries between inside and outside are fixed and the outside can exert various transformitive influences and effects on the inside. This somehow resembles the condition of the human spirit.

 During the time she was creating her three-dimensional and semi-three-dimensional forms, Hanzawa trained at a paper studio in the United States in 2018. She took the opportunity to also survey local handmade paper techniques in Mexico and Canada and produced her monotone Drawings from Papermaking (2018) series using local Kenaf and cotton fibers and the tame-zuki papermaking method, whereby washi stock materials are applied in layers and pressed. As a result, these were flat, in contrast to her previous three-dimensional works. Repeated layering and pressing of different types of paper stock allowed random variations of thickness and pattern-like forms to emerge on the surface.

 The Histories of the Self (2019) series featured in this exhibition developed from Hanzawa’s Drawings from Papermaking. Each of the works in the series has its own character, depending on the type and volume of red, purple, yellow, brown and other paper stock particles that had been layered and pressed. Hanzawa calls differences ‘personality’ and even refers to the works as ‘selves.’ Various elements make up a ‘self’ ‒ the place one was born and raised, family, friends, etc. ‒ and Hanzawa believes that stacks of fiber built through papermaking reflect such relationships. Even without a metal mesh framework, individual differences stand out because of irregularities in the flat surfaces. It is like the effect the changing context and color of the earth has on variation seen humans and in all living things.

 The process of ‘drying’ is an important element of Hanzawa’s work. The first step is, of course, to press out as much water as possible to allow the fibers to settle, and then letting the paper dry slowly between boards. After that, it is necessary to allow time for persimmon tannin and color coatings to soak in, and for drying oil, such as linseed or walnut oil, to permeate until a depth of color appears. Although Hanzawa tries to control the amount of persimmon tannin and drying oil, the drying time is affected by the environment and often does not go as planned. Other unexpected conditions and effects also arise, making the works self-contained and independent. This, actually, is what Hanzawa, is seeking.

Hiroyuki Uchiro (Curator, Pola Museum of Art)

HIRAKU PROJECT VOL.9

半澤友美 The Histories of the Self

主催:公益財団法人ポーラ美術振興財団

会場:ポーラ 美術館 アトリウムギャラリー

HIRAKU PROJECT VOL.9

TOMOMI HANZAWA The Histories of the Self

Organized by Pola Art Foundation

Venue: Atrium Gallery, Pola museum of Art

​©︎ 2018 Tomomi Hanzawa

Top

​半澤友美

tomomi hanzawa