制作について
Statement

私の制作は紙の成り立ちが動機となっています。紙は植物の繊維を絡まりによって出来ているものです。そして、世界各国、日本国内でもいろいろな紙がいろいろな形で作られています。それぞれの紙にそれが作られた場所、状況、そして作り手の個性が紙自体に内在しているのです。私はその紙の物質としての構造とそこに含まれるストーリーに興味を持っています。
私が作る紙、作品の中に私はその時その瞬間の自己を見ることができます。それらが積み重なり乾き出来上がった作品の前に立つことで私はその時までに作られた自己をやっと認識することができると考えています。
私たちはおそらく確固たるものではありません。ゆらぎ続けるわたしたちの自己の有り様について、紙を通して問いかけていきたいと考えています。
 

When I start to produce my work, my motivation is the structure and the process of producing paper.  Paper is a flat medium composted of intertwined fibers.  In each country including Japan, various kinds of paper are made.  Hand-made paper has a special and unique internal character in each sheet showing by whom, where, and how it is made, and also shows the character of people involved with making it.   I'm always interested in the structure and the story of each sheet.

You may find my works as a kind of paper because they are compositions of intertwined fibers.  However, I bring out "the self", and see "my self" when facing my completed works which are made by stacking and drying.

"The self" is uncertain and inconsistent, I like to ask "the self" in each sheet what exactly is emerging through making each piece work.  

2020.3 半澤 友美  Tomomi Hanzawa

 

​©︎ 2018 Tomomi Hanzawa

Top

​半澤友美

tomomi hanzawa