薄い和紙を型により実のような形に成形した作品。国立新美術館内/六本木の天井から吊るして展示をした。
 薄い和紙は強さと脆さ両方の印象を持つ。その特性から、硬い外殻に守られている内側の何かの存在を感じられる立体を制作した。実際には空であるが、その保有物の存在を外殻により意識させることを目的とした。
 人(私)や物事の内側というのは見ることができないが、内と外、両方を持ってそのものは存在している。タイトルには「desire/欲求、願望」を明記したが、そういった不可視なものが内側には確かにあり、それは人(私)を存在させるために、重要なものであるという思いから制作した。


I used thin handmade Japanese papers to make fruitlike shapes by type. A thin Japanese paper has a strong impression and a brittle impression. This work makes you feel something inside protected by a hard shell. Everything has inside and outside,but a person can not see anything inside. Like the title desire, things that can not be seen are certainly inside. They are important for making people exist.

第78 回新制作展 新作家賞受賞

Shinseisaku Exhibition78th, New Artist Prize in the Space Design Section

 

Encapsulated desire  2014/手漉き和紙(楮)、縄、顔料/h300cm
Encapsulated desire  2016/Handmade Japanese paper,Rope,Pigment/h1300cm

​©︎ 2018 Tomomi Hanzawa

Top

​半澤友美

tomomi hanzawa