半澤友美
The Histories of the Self
2019

The Histories of the Self

紙の原料となる植物繊維を使い、独自の造形をおこなう半澤友美(1988-)は、近年は人物の大きさほどの立体作品を作ってきた。それを仮に人体とみなすのであれば、肉を支える強靭な骨格を要する。そこで選ばれたのが金属製の網であった。金属網にどろどろの紙料(紙の繊維)を流すと、網に繊維が絡まり徐々に肉の部分が形成されてくる。紙料を幾度も重ねることで、肉は厚くなる。そして、乾燥することで確かな形が定まり、物質感をともなった立体となる。これが人体とみなす所以である。形が決まると、作品の内と外の境界が定まる。境界の内側は、外側からの影響や働きかけによって、様々に変化し得る。それは人間の精神も同様であろう。

いわゆる立体や半立体の作品を作りつづけてきた半澤は、2018年にアメリカの紙工房で研修を受ける機会を得、さらにメキシコ、カナダに赴き現地の手漉き紙に関する調査をおこなった。その過程において現地で入手可能なケナフとコットンのみによる、モノトーンの〈紙漉きによるドローイング〉(2018年)のシリーズを試みている。これらは、和紙の原料を用い、立体的な構造体を制作するそれまでの表現手法とは異なり、「溜め漉き」と呼ばれる紙漉きの方法を応用することによって制作された平面性のある作品群である。すなわち、異なる種類の紙料を載せ重ねてプレスすることで得られるものであり、紙料の載せ方――太さや厚さ、形など――を変化させることで、作品の表面には無作為な紋様のような形態が表れる。

この〈紙漉きによるドローイング〉を発展させたのが本展に出品されている〈The Histories of the Self〉(2019年)のシリーズである。赤や朱、紫、褐色などに着色した紙料の粒を載せ重ね、プレスすることによって作られるこの一連の紙作品は、その色材の種類や量、紙料の重なり具合によってそれぞれ異なる表情をみせる。そのようにできた紙の独自性を、半澤は「個性」と呼び、また紙作品そのものを「自己」と呼ぶ。自己は様々な要素(生まれ育った場所や人など)との関係性で成り立つように、半澤の漉く紙もまた繊維の積み重なりや、繊維の関係性によって成り立つ。金属網のような骨格はなくとも、環境によって変化しやすい平面ゆえにその個性は際立ち、そこに表れた色は人間の血と肉、肌、そしてあらゆる生物を育む大地の色に思えてくる。

半澤の作品の重要な工程として「乾き」の時間がある。プレスによって大方の水分を取り去った紙を、板に挟んでゆっくりと乾燥させて繊維をなじませる時間はもちろんだが、その後の工程である柿渋の塗布と色彩に深みが出るまでの乾燥時間、そして仕上げとしての乾性油(アマニ油、クルミ油など)の塗布と柔らかな光沢が出るまでの乾燥時間である。半澤は、自身の作品が置かれる環境を想定して柿渋や乾性油の量を調節するが、作業環境の影響によって塗料の乾燥時間は思い通りにならない。だが、それゆえに思いがけない効果も生まれる。作品には自己が宿り、作品は独り立ちする。これこそ、半澤が作品に求めることであろう。

内呂博之(ポーラ 美術館学芸員

The Histories of the Self


Tomomi Hanzawa (1988 - ) creates her distinctive works using Japanese washi paper plant fibers as her materials. She has recently been producing three-dimensional pieces on a life-size human scale. The structures, like the human body, need a strong framework to support the bulk of the weight attached. Hanzawa chose a metal mesh for this framework. As clumpy paper pulp is poured on the mesh, fibers become entangled and, through a process of several repetitions, gradually flesh out a form. When dry, the solid material takes on a definite three-dimensional form, like a human body. Once the shape is finalized, boundaries between inside and outside are fixed and the outside can exert various transformitive influences and effects on the inside. This somehow resembles the condition of the human spirit.

 During the time she was creating her three-dimensional and semi-three-dimensional forms, Hanzawa trained at a paper studio in the United States in 2018. She took the opportunity to also survey local handmade paper techniques in Mexico and Canada and produced her monotone Drawings from Papermaking (2018) series using local Kenaf and cotton fibers and the tame-zuki papermaking method, whereby washi stock materials are applied in layers and pressed. As a result, these were flat, in contrast to her previous three-dimensional works. Repeated layering and pressing of different types of paper stock allowed random variations of thickness and pattern-like forms to emerge on the surface.

 The Histories of the Self (2019) series featured in this exhibition developed from Hanzawa’s Drawings from Papermaking. Each of the works in the series has its own character, depending on the type and volume of red, purple, yellow, brown and other paper stock particles that had been layered and pressed. Hanzawa calls differences ‘personality’ and even refers to the works as ‘selves.’ Various elements make up a ‘self’ ‒ the place one was born and raised, family, friends, etc. ‒ and Hanzawa believes that stacks of fiber built through papermaking reflect such relationships. Even without a metal mesh framework, individual differences stand out because of irregularities in the flat surfaces. It is like the effect the changing context and color of the earth has on variation seen humans and in all living things.

 The process of ‘drying’ is an important element of Hanzawa’s work. The first step is, of course, to press out as much water as possible to allow the fibers to settle, and then letting the paper dry slowly between boards. After that, it is necessary to allow time for persimmon tannin and color coatings to soak in, and for drying oil, such as linseed or walnut oil, to permeate until a depth of color appears. Although Hanzawa tries to control the amount of persimmon tannin and drying oil, the drying time is affected by the environment and often does not go as planned. Other unexpected conditions and effects also arise, making the works self-contained and independent. This, actually, is what Hanzawa, is seeking.

Hiroyuki Uchiro (Curator, Pola Museum of Art)


 

書籍
杉村 和彦 (著, 編集), 山崎 茂雄 (著, 編集), 増田 頼保 (著, 編集) 「図説 神と紙の里の未来学」、ニコラス クラディス 「半澤友美の発言」 晃洋書房、2019

​©︎ 2018 Tomomi Hanzawa

Top

​半澤友美

tomomi hanzawa